【おしらせ】第7回カクヨムWeb小説コンテスト

コンテスト

はじまりましたね、「カクヨムコン7」。

小説書きから撤退した身としてはさてどうしたものかという迷いはあったんですが、せっかくなので参戦。新規作でもないのでどうにも戦えるはずもなく、となれば当然読者選考なんて突破できる確率は事実上ゼロなのですが、これを機会に一人でも二人でも、新しい人に出会えればいいねという感じのエントリです。でもま、これでカクヨムコン1~7まで、7年連続参戦になりました。はい。

長編と短編にエントリしていますが、長編はこちら

腰痛剣士と肩凝り魔女(一式鍵) - カクヨム
どうやっても戦えない剣士と、どうしても魔法を使わない魔女。

腰痛剣士と肩凝り魔女」でございます。去年も読者選考期間前に連載していたってのもあって、まぁ、悲惨なことになったんですが(笑) 今年はもとより夢も希望もないので、★もらえたらめっけもの、くらいの気持ちでいます。一風変わった異世界ファンタジーです。テンプレ……的な雰囲気からは程遠く見えていて、実はかなり王道です。読みやすいと思うので、お試しにでもどうぞ。

そして、「短編」にもこちらを参戦させています。

宇宙の話をちょっとだけしたいと思う(一式鍵) - カクヨム
ああそうか。神様は太陽を知らなかったんだ。

億年という単位のボーイミーツガールです。5252文字なんですけどね、銀河を超えた邂逅を。サクッと読めるのでこちらも是非お願いします。

これから2ヶ月間(1月末日まで)長丁場ではありますが、よろしくどうぞです。同コンテストに参戦の同志のみなさまも、頑張っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました