AdSense の審査ってそんなに厳しい?

アドセンス

このサイトでも、こっちのサイトでもAdSenseは通過していますし、日々収益は増えています。といっても、このサイトでも赤裸々に! 赤裸々に! 公開しているように、ものっそい小さい額ですが、まぁ、それでも増えていってます。

なんかGoogle AdSenseで検索すると、意外と「どうやったら審査通過するかわからない」とか「何回も審査に落ちている」とか……。うーん?

というわけで、ここでは私の体験記的な感じで書いてみますよ。攻略記事っていうか、ごく当たり前のことしか書けませんけども。

実際に申し込んでみた感じ

今あなたが見てるこのサイトが、私のAdSense申し込み初体験のサイトです。5~10記事だったかな、申し込んだ当時。2週間くらい放置プレイ食らったんですが、さっくりOK出ました。記事の方向性も決して統一感は取れてなかったんですが、変なことは書いてなかった(笑) 記事数的には2桁行くかどうかだったのは確かなので、プライバシーポリシーをしっかり載せるとか、そのへんのお約束事を守っていれば意外と簡単に行くんじゃね? というのが私の印象。

実際に7月に申請した「セイレネス・ロンド統合サイト」も、実質1~2日で審査通過しましたし。その時は記事数10個くらい。記事っていうても、小説本体と設定記事、固定ページくらいしかない状態で、「さすがにこれは通らんでしょ」と思っていたんですが、あっというまに「準備が整いました!」メールが来ましたね。

結局何が必要なん?

ネットで色々見てると何やら苦戦してる人は多いのですが、Googleの立場に立って考えると「あ、このサイトは広告主に不利益与えないな」っていう安心感があればいいんじゃないかなと。ぶっちゃけ「利益をもたらさない」サイトでもいいんですよ。マイナスにならなければ。そういう意味では、ここのサイトがある程度時間がかかったのも「こいつ、何やりたいんだ?」ってのが見えにくかったからだと思いますし。で、2つ目のサイトが早かったのは「同じ管理者だし、一個目のサイトで問題起こしてないし。二個目のサイトはなんかよくわからんけど多分マイナスにはならないだろ」っていう認識を持ってもらえたからじゃないかなと。

1つ目のサイトが時間かかるのは、もうしょうがないかなって思います。だってGoogleからしてみたら「信用できる相手かどうかわからない」わけで。私の場合、1つ目の開設が2019年5月で、2つ目が2021年7月。2年間問題起こさずにやってきたという実績があったりするので、もしかしてそのへんも評価対象なのかもしれません。

正直Googleさんの査定はブラックボックスなのであれですが、確率を高めたいと言うのなら、然るべきページは作っておく(この辺は他所のAdSenseとは!みたいなサイトのほうが詳しいので丸投げ)こと、「こいつ信用しても大丈夫だよな」と思われるような記事をきっちり書くことだと思います。正直言って「申込時の記事数」は5個6個でもいいんじゃないかなと思っています。コンスタントに増やせる前提ですが。

記事ってどうやって書けばいいの

思えば私、文章書くのに抵抗ない人でした。一般的には1記事1テーマで3000文字とか書くのは難しいのかもしれません。でもこればっかりは「こうすればいける!」的な必勝法はないですよ、ええ。ちなみにこの文章、ここまでで約1500文字ですが、所要時間は20分少々。でも多分、「初めて長文書く」人は三倍くらいかかるんじゃないかな。それだとなかなか難しいと思います、AdSenseは。通ったとしても成果にならない。私のサイトはニッチなのでそもそも収入は見越していませんが、そうじゃない人はそうもいかない。

そもそも、面白い記事を書ける人でも、所要時間が3倍ならコスパは1/3です。これはもったいない。なので、最初は「AdSenseは通ったらラッキー」くらいに考えて、その間にせっせと文章トレーニングをすると良いと思います。5000文字くらい(1~2記事)を毎日書けるレベルに。そうすれば必然「Google的に安心な文章」が蓄積されるわけでして。もちろんそういう文章・テーマであることが大事ですが。

AdSense! 収入! とかがっつかずにしっかり地盤固めて、文章書くスキルを高めていって、記事自体も増やしていって……という無難で地道な作業の末にAdSense合格があるんじゃないかなぁ。そしてその先には「どうやったら収益化するのか?」という難題がある(笑) でもAdSenseのページでそれなりに「10円」とかでも表示されてるとそれだけでいい感じにモチベーションも上がりますしね。まずはAdSenseの審査に合格するっていうのを目標にしていくのはアリだと思いますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました