PVが欲しいなら。

エッセイ

「PVが欲しい」……は誰もが思う事。Web小説という公衆の面前に愛する我が子を晒すわけですから、「どうせなら見られたい」「どうせなら(良い)評価が欲しい」と感じることでしょう。

そういう方にはまず、こちらの記事を読んで欲しいわけですが。まずはPVを増やしたいと思う以前に、自信を持って送り出せる品質を確保せよってことですね。

それを踏まえた上で以下へ。

PVが欲しいなら

タイトル&キャッチコピーを練るのは鉄板ですし、誰もが言っているので、ここで敢えて重ねては言いません。正解のない議論ですから不毛だとも感じます、私は。

SNSを育てよう

そこで私が着目してほしいと思っているのが「SNS」です。ただし、全方位的に情報を放つのではなく、「この人を刺す(比喩ですよ!)」という狙いでもって、ログを作る。私はツイ廃でもあるのでTwitterを推しますがツイッター以外にも、LINE@、Instagram、実名公開してもいいのならFacebook、ほかにもいろいろあります。

この中でも特に注意したいのが「よく知らない人たちに向けて」の情報発信は要らないという点です。「よく知らない人たち」は、あなたの情報を拡散してくれません。「そこそこ以上に知ってる人たちに向けて」情報を流さなくてはなりません。「よく知らない人たち」はこの情報が徐々に波及して「そこそこ知る人たち」に変わります。変わらない人は変わるまで放置しておいて良いです。

こちらの記事で書いていますが、作品を見てもらうのにはSNSアカウントを育てるのが一番手っ取り早い。もちろん、この状態を維持するにはすごく頭を使いますし、精神も削ります。が、「まったくPVが増えない」ことに比べれば大した問題ではないのです。SNSごときで人間関係を構築できない人が、人間関係が基本で動く物語を書けるわけがねぇよ——と、私は思っています。

そしてまた、作者自身の宣伝ツイートよりも、読者が自発的に発信した「読了ツイート」や「オススメツイート」の方が飛んでもらえる率は上がります。これは信憑性の問題ですよね。人間、クチコミには弱いのです。ので、発信してくれる人(フォロワー)を一人でも多く獲得するのが、物理的にも精神的にも大変良いです。難しいですけどね、でも、そこまでSNSを育てましょう。顔も実名も知らなくても、親しい間柄にはなれる、それが令和と言う時代なのではないでしょうか!(どどん

また、クチコミしやすい作品(ノリでツイートしやすい作品)なんかは強いかもしれませんね。私の持ちネタにはないので何とも言えませんが。

また、重ねて言いますが、「SNS」は大事ですが、「SNS」だけでは読まれません。SNSを過信すると、「表紙ブラバ」「1話切り」、そんな憂き目に遭います。ですから、まずは品質の確保が絶対的に必要なわけです。では、品質があるのに(と思っているのに)どうしてもPVが伸びないときにどうすればいいのか。次の項目で説明します。

うるせぇ、Google Analyticsを導入しやがれ、いますぐにだ

すみません、取り乱しました。「PVが欲しい」と言っているのに、Google Analyticsを導入してないなんていう愚は犯していませんよね? あ、これは「カクヨム」限定かもしれませんが、だとすれば「カクヨム」万歳です。「カクヨム」に登録して投稿してみましょう。もちろん、Google Analyticsを導入して。

Google Analyticsの導入方法がわからない? そういう事言っている人に「PV」を欲しがる権利はないと思います。まず一番大事な「分析する」努力を怠っているのですから当然ですよね。

Google Analyticsを導入すると何がわかるか、ご説明しますよ。簡単な所だけ。

  • タイトルページでブラウザバックされてる数

この一点がわかるだけでも、Google Analyticsを導入する意味があります。もちろん、ユニークアクセスもわかります。その辺の詳しい仕様は別記事で書くかも。ともかく、「小説家になろう」ではできませんよね、タイトルページブラバ率の計測は。他にも直帰率だのなんだの、そういうの一切見えませんよね。少なくとも私の登録しているWeb小説サイトで、そこまで詳細にアクセス解析できるところは知りません。あったら教えて。

タイトルページにまでは来てもらえてるのか、それすらないのか。

これがわかるだけで対処が変わります。前項目で「SNSを育てる」と書きましたが、SNSを育てただけではタイトルブラバがオチだと思います。あるいは序盤数話で切られるか (これはアクセス解析見ればわかるのでGA入れなくても大丈夫) 。

タイトルページで切られているのだとすれば、「キャッチコピーが弱い」「あらすじが弱い」「各話タイトルがそそられない」など、タイトルページに理由があります。「タイトルそのもの」が弱い場合はSNS経由でも飛ばれないでしょうから、前述のようにそれ以外の理由を探った方が良いです。タイトルページから先に入ってもらえて、ようやく「文章自体の」実力勝負の世界に入ることが出来ます。戦いはその前から始まっているんですけどね。ここがなおざりになってる人が多いように思います。何と言っても「顔」ですからね、タイトルページ。美女と野獣がいたら、ふつう美女の方を見ますよね。ハードボイルドを気取っている場合ではないのです。泥臭くやりましょう。

サイトの導線はアテにするな

これは私の経験からなんですが、「小説家になろう」にしても「カクヨム」にしても、他のサイトにしても、サイトお仕着せの導線はアテにしてはいけません。ぶっちゃけほぼ焼け石に水です。

「小説家になろう」だと更新タイミングはちょびっとPVに影響はありますが、「新着」なんてあっちゅーまに流れていきますし、「レビュー」ですら最近質が低くなっていて訴求力が低下しています。そしてやっぱりあっちゅーまにいなくなります。「ランキング」だけはちょっと持続性がありますが、人気の「異世界ファンタジー」なんかでランキングに乗る作品はすでにPVを獲得できている猛者ですし、「SF」などの過疎ジャンル(遺憾ながら!)でランキングに乗ったってさほど影響はありません。ないとは言いませんけど、微々たるものです。「小説家になろう」ほどの規模のサイトであっても、もともとの牌が少なすぎる。

「カクヨム」に至っては——私は基本的にカクヨム派ですが——この辺の導線作りはほぼダメです。ダメダメです。トップページのランキングに載れば(人気ジャンルの4位以内に入れば)そこそこの戦果は得られます。エッセイだと顕著かな。ですが、それ以外はまるでダメ。タグ検索も機能してるんだかしてないんだか。「注目の作品」にも何度か取り上げてもらったことはありますが、効果は……なかったと言っても良いでしょう。唯一希望があるのが「レビューの連鎖」。このレビューコンボが発動したらすさまじい効果が得られます。PVだけじゃなくて、★(評価)も得られます。私のエッセイにも★500オーバーのがいますが、これはレビューコンボでできていると言って良いでしょう。ニコニコ動画の広告? あれはやばいです。あれだけはやばいです、本当に。一晩で5000PVとかいきます。でもアレに選ばれるのは難しいですし、まして作者がどうこうできるものでもありません。

「小説家になろう」と「カクヨム」、どっちがPVもらえる?

「数」だけで言うなら、「小説家になろう」の圧勝です。出来がどうであれ、数百数千単位ならあっという間にいきます。が、「実体」は見えません。ユニークアクセスもリアルタイムで追えるわけではありませんし、いたずらだってあり得ます。しかも、トップページのPVはどうやっても見えません。アクセスされてるのか、入り口まで来てもらえているのかが分かりません。これは致命的です。

一方で「カクヨム」は、Google Analyticsを導入する必要はありますが、作品に関する全ページのデータを見ることが出来ます。滞在時間なんかも見えるので、本当に読まれているのかとかも分析が可能です。GAがあれば、やりたいことはたいてい何でもできます。やる気の問題です。もちろん、PVの「数」自体は圧倒的に少ないです。場合によっては1話の短編が、100PVにすら辿り着きません。「小説家になろう」なら1~2日あれば余裕なんですが、「カクヨム」では一ヶ月でやっと100、なんてことも普通に起きます。

となるとやっぱりPVの数がほしいなら「小説家になろう」一択やないか! となるかと思います。

が、私は「カクヨム」を推したい。少なくとも現在の仕様に於いては。というのは「♥(応援)」の存在です。各話(エピソード)につき1回ずつ押せるボタンがあるのですね。↓の画像のように。


この画像では、このエピソードに「いいね!」をした人が25人いるというわけです。単純に「読んだよ」マークにしてる人もいれば「いいね!」の意味で押してる人もいる。それにしても、この「25人」、名前が分かるんですよ。つまり「誰が押したか」がわかる。顔の見える交流ですよね。これのパワーが侮れない。PV10しかなくても、応援が1つ2つもあれば嬉しいものですし、続けていけるものです。また、「小説家になろう」の「感想」と違い、各話に気軽にツッコミ入れたりコメントしたりすることがデキルユーザインターフェイスも魅力です。コメントで作者は復活しますから、気軽に入れられるシステムは素晴らしい。これを利用して(という言い方はアレかもしれないが)SNSを育てることも可能です。むしろ利用した方がしっかり育ちます。顔の見えてる人を邪険にする作者はあまりいませんから。

つまり。

「カクヨム」+「GA」=最強

「カクヨム」で「Google Analyticsを導入しろ」ということ。そしてGoogle Analyticsを導入したら使い方を徹底的に学ぶこと。ググれば答えは出てきます。先人の知恵を利用しましょう。必要なのは分析と反省です。

私のフラッグシップ作品「セイレネス・ロンド」は分析はしていますが、反省はしていません。キャッチなども初案を(ほぼ)貫いています。2年以上かけてやっと10,000PV。悪い例ですね!

対して、GAでPVの動きを見ながらトップページ部分を着々と修正していった「シスターシスター♡双方向性三角関係」は、今なおPVがどんどん増えていっています。新規読者さん・読み専さんも多いです。こっちは良い例ですね。今なお、勝手に読者さんが読者さんを呼んでくれている。PVがPVを呼んでいるとも言えます。

でも、「小説家になろう」の方が数は稼げるんでしょ!?

……そんな方も、ちょっと聞いてほしい。

「カクヨム」にはネット上最強の分析ツールがあるんです。「小説家になろう」である程度PVが確保できて満足というのなら、そもそもこの記事読んでませんよね? もっと欲しいんですよね

で、あるならば。

Google Analyticsを使える環境「にも」、作品を投稿してみてはどうでしょうか。

「小説家になろう」を撤退しろというのではなく、「カクヨム」で分析や実験をしてみるのです。客層もおそらく違うので、今後活動の幅を広げていきたいというのであれば、Google Analyticsを使ってみるという選択肢は、非常に強力かつ魅力的なものであるはずです。

「小説家になろう」でどうしてもPVが伸びない——そんな作品があるなら遊ばせておくのはもったいない。カクヨムに登録して徹底的に分析するのです。トップページブラバ(直帰率)が、減ったなら、今度はそれを引っ提げて「小説家になろう」に戻ってみればいいのです。

努力を惜しまず、使えるものは何でも使う。特にデータの分析にリソースを割くようにしましょう。

実力勝負を掲げるのはけっこうですが、こういうリサーチやセルフブランディング力もまた、小説の実力なのです。小説家=文章を書くだけで良い……という時代は、残念ながら終わったのです。

カクヨムマジおすすめ。本気で修行したいなら、カクヨムへ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました