コンテクスト

エッセイ

小説界隈、実は今も昔もそんなに変わってないんじゃないか?

「自分の作品が新しい」と思って書いてる人って、実は単に「四角い車輪」を発明しているだけじゃないかと思うわけです。逆に誰かが書いた作品を指して「目新しくない」とか「流行に乗ってダサい」とか言ってる人もまた同様です。知識不足なだけじゃないかと。
エッセイ

大切なことは言葉にならない

小説に於いて読者に何らか共感を得たいのならば、コンテクストの共有は必須である。そして誰かに刺さらなければ誰にも読まれない。誰かに刺さるためには、コンテクストの厳選が必要で、そうするためにはコンセプトの設定が必要である。
タイトルとURLをコピーしました