「オーバー30歳主人公コンテスト」について【カクヨム】

オリジナル小説

予想通りというか、あんまりエントリー多くないですね、カクヨムの「オーバー30歳主人公コンテスト」。現時点309作品です。そしてそのうち約50作品が文字数レギュレーション違反を起こしています。なので実質260作品くらいです。……一週間で50程度しか増えてませんね。そしておそらくですが、世間の関心も薄く、トップ作品でも★ぶっちぎり……なんてことはなく、ぼちぼち、です。トップから最下位までが現状団子状態。新規エントリで化け物が出てきたらあっさりぶっちぎられるレベル。うーん? 今回は作品数もあまり増えてないのでタグ分析等はしません。

それはそうと、みなさんの「30歳」ってどんなイメージなんですかね。おっさん? おっさんなの? 20代の人の思う30代が求められているのか、リアルな30代が書く30代が求められているのか、それとも経験者である40代以上の人の30代が求められているのか、さっぱりわからないです、今回。私にしてみれば30代、こと30代前半は若造なのですが。そしてエントリ作品が団子になっているため、やっぱり分かりません。読者層の年齢は、ことカクヨムは高めじゃないかなと勝手に予測しているわけですが、となれば30代による30代かなぁとか。

まぁ、でも、要はストーリーだと思います。私の作品ですか? 大苦戦中ですよ(笑)

俺たちの歴史は給湯室から始まったと言えるのかもしれない(一式鍵) - カクヨム
年下女上司にネクタイを引っ張られる32歳。世界は、これでいいのか!?

キャラクターの方向性は間違えていなかったと思うのですが、テーマが難しすぎたかもしれない。可能な限り簡単に書いたつもりだったんですが、もっと煮なきゃいけなかったのかなぁ。でもそうすると、メグ姐さんのスピード感が殺されてしまうし。その辺がまだ実力不足なのかもしれませんね。

うーん……。鳴り物入りで始めてしまった手前、どうしたらいいのかわからない(笑)

自分だったら買って読む、というレベルをリリース基準にしているんですが。私のハードルが低すぎるのか。

という反省会。

でもまぁ、まだまだ期間はあるので、ゆっくりやっていきましょう。まだ拙速を選ぶ時期ではないでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました