一ヶ月で二本書いてみる

オリジナル小説

具体的には9月に2本書きます。ちょっと体調とか精神面とか不安定なのですが、ここは踏ん張り時かなと思います。せっかく今月小説書きとして復帰したのに、ここで止まっていても良くないなと。本当は「セイレネス・ロンド」10部作チャレンジの予定だったのですが。

ですが、発表するかどうかというとちょっと微妙かな。ちょっとWEBに抵抗が出てきてしまったので。公開してもほぼ見られることがないというのはなんていうかダメージが大きい。しかも一作や二作の話ではありませんし、さすがに折れかけています。私の作品を名指しで読みたいって人は少ない(てかいない?)ですし、「セイレネス・ロンド」についても現状ちょっと続きを書ける状態ではありません。

今までも2ヶ月で3~4本ペースで書いてきたんですが、さらにペースを上げて。WEB更新フォーマットにこだわらなくて良い分、スピードは上げられるかなと。とにかく「生産」の期間にしたいと思います。ドラゴンノベルスも、本日めでたく全滅したしね。1200作品超 → 中間 → 12作品というのはすげぇシビアなライン。「夢も希望も持たせない」という運営の確固たる意志を感じます。いや、今回に関してはありがたかったけど。

8月も残り少ないですが、まずは公募の方の手続きをカッチリ終わらせたいと思います。といっても最近の公募って、かなりWEBに傾いてきていて、たとえば「カクヨム」「小説家になろう」などからも応募できますよ~ってのが結構あるんですね。悩ましい。

9月からは新作づくり。プロットも何もないですが、この状態から2本仕上げられるのか! 乞うご期待。とりま時期が来るまではWEB公開はしないので、実際に書けたかどうかはわからないと思いますが(笑) まずはプロット10本作るところから始まるかなぁ。となるとそれで一週間弱。残り三週間で二作品か。結構ハード。でも、人間としてやれない量ではないはず。1日1万文字書けば3週間=21日=21万文字なわけでして。土日に2万書ければ+6万できます。しかも2日も祝日あるし。机上の空論と言われないようにしないとね。とにかく2本。

「プロットを作る」ところまで行ければ作品はできたようなものなんですよ。あとはそれこそ技術になってくるので。心臓部というか脳というか、そういう部分を作るのが「プロットを作るところまでたどり着くための発想を生む」という作業でして。ここがへたっぴならどこまで行っても作品はつまらないのです。私が今まさに悩んでいる部分がここ。私の感性としては非常に面白いものができたと思っていても、フタを開けたら誰も関心を寄せない。

ここにあるのは感覚の齟齬なのか、単に実績の話なのか、私個人に問題があるのか、そこがさっぱりわからない。ので、後ろ二つはどうしようもないところがあるので、最初の「感覚の齟齬」のところを徹底的に見直してみようと思った次第です。プロット10本書いて、その中から2本を厳選する。可能な限り毎月繰り返そうと思っています(年明けくらいからしばらくは余力ないと思いますが)。

ジャンルはこだわらず行きたいと思っています。SF、ハイファンタジーが得意分野ですが、ラブコメや現代物も入れてみようかと。プロットでどこまで幅を持たせられるかが一つの重要なキーポイントになるかな。柔軟になれ柔軟になれ……。

キーワード分析などを利用するのも良いと思うのですが(自分でやってるし)、それだと『後追い』になるんですよね。なので、キーワードはあくまで最後の一押しに使おうかなと思っています。タグについてはあまり変わらないと思うので、その辺も意識しながら。どんなプロットを作るか。戦いはもう始まっているわけです。SFはとりあえず外しとこ……。一応得意分野なので、これを書いちゃうと、絶対本編書きたくなっちゃうので。

海の子」とか「ΑなりΩなり」とか、短編で出しているものをリファインするというのも一つの手だな……。とりあえず10プロット。頑張って作ろう。 という宣言でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました